ハイドロキノン 肌の赤み

美白

ハイドロキノンの赤みが心配な人におすすめ「アンプルールラグジュアリーホワイト」の使い方

色々な美白化粧品でシミ対策しても、シミが薄くなりません。
ハイドロキノンを使いたいのですが、肌の赤みが出ないか心配です。

ドクターズコスメのハイドロキノン「アンプルール」がおすすめです。

肌の漂白剤と言われるハイドロキノンには、シミの原因であるメラニン色素の合成を抑える働きがあります。
アメリカではポピュラーな美白成分で、ハイドロキノン配合の美白クリームが人気です。
日本では、2001年の規制緩和までは、皮膚科や美容クリニックで処方される美白成分でした。
2001年以降、化粧品にもハイドロキノンが使用が可能となりました。

アンプルールラグジュアリーホワイト 口コミ

アンプルールは、皮膚科医・高瀬聡子さんが商品開発をしたドクターズコスメです。
アンプルール独自の新安定型ハイドロキノンは、肌になじみやすく刺激性が少ないのが特徴。
新安定型ハイドロキノンはパッチテスト済みなので、赤みが気になる人におすすめです。

6,500円相当の豪華6点セット

ハイドロキノンの美白効果

ハイドロキノンは、「シミの消しゴム」と言われるほどの美白効果。
シミの原因であるメラニン色素を作らせなくする効果で、シミが目立たなくなります。
ハイドロキノンの美白効果は、コウジ酸やアルブチンの数10倍~100倍といわれています。
「シミの消しゴム」ほどの美白効果がありますが、いちごやブルーベリーなどに含まれる自然由来。の成分です。

ハイドロキノンは、シミや肝斑にも美白効果があるんですよね。

2001年の薬事法の改正で規制を緩和。ハイドロキノン3%までは、化粧品へのハイドロキノン配合が可能になりました。

皮膚科で処方されるハイドロキノン

シミを改善するために皮膚科で処方されるのは、

  • トレチノイン
  • ハイドロキノン

の2種類があります。

トレチノイン

トレチノインとはトレチノイン酸とも呼ばれ、ビタミンA誘導体のこと。
アメリカではFDA(食品医薬品局)の認可を受けている美白成分。
日本では、医師の処方せんによってのみ手に入れることができます。

  • シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する作用
  • 古い角質を剥がすピーリング効果

などがあり、シミやくすみが目立たなくなります。


トレチノインは、ハイドロキノンと併用するとさらなる美白効果を期待できます。

ハイドロキノン

ハイドロキノには、シミを薄くして、シミを予防する効果があります。

  • メラニンを合成する酵素(チロシナーゼ)に働きかけ、シミを薄くする
  • メラニン色素を作り出すメラノサイトを減らし、シミを予防する

特にシミを薄くする効果は、ビタミンCよりも優れていると言われています。
ハイドロキノンの使用量を間違えると、

  • 肌のかぶれ
  • 肌の赤み
  • アレルギー反応
  • 白斑(肌の一部が白く抜ける)

などの症状が出る可能性もあります。

ハイドロキノンの赤みが心配な人におすすめ「アンプルールラグジュアリーホワイト」

ハイドロキノンの赤みが心配な人におすすめなのが、「アンプルールラグジュアリーホワイト」。
アンプルール独自の新安定型ハイドロキノンは、肌への刺激が少ないので使いやすいです。

ハイドロキノン 新安定型ハイドロキノン
酸化しやすい
長持ちしない
浸透しにくい
刺激が強い
酸化しにくい
長持ちする
浸透しやすい
刺激が少ない

【参考サイト】https://www.ampleur.jp/series/hydroquinone.do

6,500円相当の豪華6点セット

アンプルール ラグジュアリーホワイトを使ってみた

ハイドロキノン 肌の赤み

アンプルールのシミ・美白用セット「アンプルール ラグジュアリーホワイト」のトライアルセットが届きました。
アンプルール ラグジュアリーホワイトの箱の大きさは、文庫本ほどのサイズ。
アンプルール ラグジュアリーホワイトのトライアルセットは、7日間分の量です。
トライアルセットとして、ラグジュアリーホワイト4商品が入っています。

  • コンセントレートHQ110 (スポット集中美容液)3ml
  • ローションAOⅡ (化粧水) 20ml
  • 薬用アクティブフォーミュラⅡ (薬用美白美容液) 8g
  • エマルジョンゲルEX (美容乳液ゲル) 10g
  • クレンジングミルクN(クレンジング) 2包
  • ウォッシングフォームN(美容液洗顔料) 2包

この中で新安定型ハイドロキノンが入っているのは、「コンセントレートHQ110」と「ローションAOⅡ」です。

スポット集中美容液のアンプルール コンセントレートHQ110

スポット集中美容液のアンプルール コンセントレートHQ110
最初に、スポット集中美容液のアンプルール コンセントレートHQ110を使ってみます。
アンプルール コンセントレートHQ110には、新安定型ハイドロキノンを配合。
コンセントレートHQ110を使うのは、夜の洗顔後すぐがおすすめとのこと。
もし、日中にコンセントレートHQ110をぬるときは、日焼け対策が必要。
ハイドロキノンは紫外線にあたると肌トラブルやシミが悪化することがあるんだそう。

ハイドロキノン美容英 口コミ

アンプルール コンセントレートHQ110は、乳白色の色をしたジェルのような美容液。
こっくりしているけれど、伸びが良さそうな美容液です。
匂いはほとんどなくて、無臭といってもいい感じ。
アンプルール コンセントレートHQ110は、ピンポイント集中ケアするスポット集中美容液。
顔全体には使わず、シミが気になる箇所にだけに使います。

ハイドロキノン美容液 口コミ

アンプルール コンセントレートHQ110を使う量は、シミ1つにつき米1粒分が目安。
洗顔後すぐのまっさらな肌にぬります。
シミが気になる部分に、コンセントレートHQ110をトントンと指でなじませます。

ハイドロキノン美容液 口コミ

アンプルール コンセントレートHQ110を指で叩き込んでいくと、じんわりと肌に浸透していくみたい。
ぬった後は少しピトピトして、コンセントレートHQ110が肌に浸透した感じがわかります。
ガンコな顔のシミを集中ケアして、見えないバンソウ膏のようにメラニンに蓋をするんですって。

化粧水のアンプルール ローションAOⅡ

アンプルール ローションAOⅡ 口コミ

次に、化粧水のアンプルール ローションAOⅡを使ってみます。
アンプルール ローションAOⅡにも、新安定型ハイドロキノンを配合。
新安定型ハイドロキノンが入っていますが、ローションAOⅡは、朝と夜の1日2回使います。
ローションAOⅡには、セラミド・コラーゲン・プラセンタの保湿成分が入っています。
肌の代謝を促すので、メラニン排出をサポートしてくれるとのこと。

アンプルール ローションAOⅡ 口コミ

アンプルール ローションAOⅡの使う量は、500円玉サイズが目安。
より効果を実感するために、重ねづけすることがおすすめです。
ローションAOⅡは、少しとろみのある化粧水。
ふんわりと甘い香りがいい匂い。
化粧品独特の香りではなくて、ラグジュアリーで癒される香りです。

アンプルール ローションAOⅡ 口コミ

アンプルール ローションAOⅡは肌なじみのいい化粧水。
肌につけると、あっという間に化粧水がなくなる感じ。

アンプルール ローションAOⅡ 口コミ

すっと肌に浸透して、ぬった後の肌はサラリとした触り心地です。
アンプルール ローションAOⅡには、3種類のセラミドが入っています。
肌の中までうるおうと肌サイクルが整うので、さらに明るい肌に近づけるんですって。

薬用美白美容液の薬用アクティブフォーミュラⅡ

薬用アクティブフォーミュラⅡ

次に使うのが、薬用美白美容液の薬用アクティブフォーミュラⅡ。
薬用アクティブフォーミュラⅡには、アンプルール独自のアクティブホワイター。
アクティブホワイターには、ハイドロキノン誘導体とビタミンC誘導体などが入っています。
薬用アクティブフォーミュラⅡを使うのは、朝と夜の1日2回。
シミとくすみの原因に働きけて、24時間の美白効果を期待できます。

薬用アクティブフォーミュラⅡ 口コミ

薬用アクティブフォーミュラⅡを使う量は、1回につき直径1.5㎝が目安。
薬用アクティブフォーミュラⅡは、うすいピンク色をしています。

薬用アクティブフォーミュラⅡ 口コミ

やわらかな感触で、みずみずしいジェル。
薬用アクティブフォーミュラⅡのピンク色は、天然シコンエキス由来の色なんだそう。
香りはあまりなくて、ほとんど無臭と言ってもいい感じです。

薬用アクティブフォーミュラⅡ 口コミ

薬用アクティブフォーミュラⅡを肌に広げると、水っぽい感じに変化。
とろりとしたジェルが、パッシャっとした感じに。
肌への伸びが良くて、ぬった後の肌はしっとりスベスベな感触です。
保湿成分のコラーゲン・セラミド・ヒアルロン酸が入っているので、うるおいが続きます。

アンプルール 美容乳液ゲルのエマルジョンゲルEX

美容乳液ゲルのエマルジョンゲルEX

最後に使うのが、美容乳液ゲルのエマルジョンゲルEX。
エマルジョンゲルEXは、アンプルール ラグジュアリーホワイトの仕上げに使います。
保水マスク効果で、みずみずしいうるおい肌をキープ。
ぷるんとツヤのある肌へ導いてくれます。

エマルジョンゲルEX 口コミ

美容乳液ゲルとは、「美容液+乳液+ゲル」の3つの効果。
水溶性と油溶性の両方成分のもつ美容乳液ゲルは、ハリ・ツヤ・透明感のある肌に導いてくれます。
エマルジョンゲルEXを使う量は、やや大きめのパール粒大が目安。
乾燥の気になる部分には、重ね付すると効果的です。

エマルジョンゲルEX 口コミ

エマルジョンゲルEXは、とても伸びがいいゲル。
パール粒大で少ないかな?と思ったのですが、少量でも顔全体をしっかりカバーできそうです。

エマルジョンゲルEX 口コミ

エマルジョンゲルEXをぬった後の肌はぷるっぷる。
少しベタつく感じもしますが、時間が経つとサラリとした感触に変わります。

ハイドロキノン 肌の赤み

アンプルール ラグジュアリーホワイトは、新安定型ハイドロキノン配合のスキンケア。
パッチテスト済みの美白スキンケアなので、肌に刺激なく安心して使えます。
また、コラーゲン・セラミド・ヒアルロン酸などの保湿成分もたっぷり配合。
肌の奥までしっかりとうるおいを与えてくれるので乾燥の心配なし。
肌がうるおって、ハリとツヤも出てきます。
ドクターズコスメのアンプルールなら、敏感肌の私でも問題なく使えました。
初めてハイドロキノン配合のコスメを使いたい人にもおすすめだと思います。

6,500円相当の豪華6点セット

市販で買えるハイドロキノン軟膏の種類

ハイドロキノン 肌の赤み

2001年の薬事法改正により、皮膚科でしか使えなかったハイドロキノンが市販でも買えるようになりました。
市販の化粧品に含まれるハイドロキノンは、1%~5%ほどの濃度配合。
医師で処方されるハイドロキノンは、5%よりも高濃度配合が可能です。
ただし、ハイドロキノンの濃度が高いほど、肌への刺激が強くなります。

初めてハイドロキノン化粧品を使う場合は、濃度の低いものから使うのをおすすめします。

ハイドロキノンの副作用

 

ハイドロキノン 肌の赤み

ハイドロキノンは、肌の赤み以外にも副作用の心配はありますか?

肌の赤みや炎症のほかに、白斑という副作用もあります。

ハイドロキノンで赤みが出る

ハイドロキノンは、人によっては赤みや炎症を起こす場合があります。
皮膚に赤みや炎症などの症状が出た場合は、直ちにハイドロキノンの使用を中止してください。


10~15分冷やしても赤みが引かない場合、皮膚科に受診することをおすすめします。

ハイドロキノンは長期間使用しない

ハイドロキノンは、白斑のでる可能性があります。
白斑とは、皮膚の色の一部が白く抜ける症状のこと。
ハイドロキノン 白斑の副作用は

  • 長期的な使用(6ヵ月以上)
  • 高濃度ハイドロキノンの使用

などが原因と考えられています。


「4%以下のハイドロキノン濃度であれば白斑は起きにくい」と言われてますが、使用上の注意を守ることが大切です。

ハイドロキノン 肌の赤みのまとめ

アンプルール ラグジュアリーホワイト

シミの消しゴムと言われるハイドロキノン。でも、強い美白効果があるので肌の赤みや炎症などの副作用が心配です。

ドクターズコスメのアンプルールなら、肌に優しくなじみやすい新安定型ハイドロキノンを採用してますよ。

はい。アンプルール ラグジュアリーホワイトなら、肌の赤みがなく大丈夫でした。

アンプルールはパッチテスト済みですが、肌に刺激を感じるときは気を付けてくださいね。

アンプルールラグジュアリーホワイト 口コミ

新安定型ハイドロキノンの入った「アンプール ラグジュアリーホワイト」トライアルセットは1,890円。
今なら、アンプルール直営1号店オープン記念価格1,500円でさらにお得です。

6,500円相当の豪華6点セット

-美白

Copyright© 口コミ配達便 ☆ 体験レビューとおすすめランキング , 2019 All Rights Reserved.