レーシックについて悩んやんでいる人のための情報サイト。日本眼科学会が公表している安全ガイドラインなどをわかりやすく紹介。

レーシック後の視力低下を防ぐために

ドライアイ

ドライアイでもレーシック手術を受けられるの?

投稿日:

ドライアイの患者は年々増え続けていて、パソコンやスマートフォン、コンタクトレンズなどがドライアイの原因になると考えられています。

目が乾くなどのドライアイの症状に悩まされている人は、日本で800万人~2200万人もいると言われています。

ドライアイの人がコンタクトレンズを装用すると、ますます目が乾燥しやすくなり、充血などの症状がひどくなる場合があります。

ドライアイがひどくてコンタクトレンズを装用するのが辛い人は、レーシック手術で視力回復するのも一つの改善策として提案できます。

ドライアイでもレーシック手術を受けられるの?

ドライアイの程度によって、レーシック手術を受けられるかが決まります。

黒目や白目に傷ができる程のひどいドライアイの場合は、事前にドライアイの治療が必要になることがあります。

また医師の診断によっては、レーシック手術と平行して、ドライアイの治療を行うこともあります。

ドライアイの人がレーシック手術を受けるために注意することは?

レーシックは瞳の表面を手術するので、もともとドライアイの症状がある人は注意が必要とのこと。

レーシックの手術をすることはできますが、手術後も引き続きドライアイの治療が必要となります。

しっかりとドライアイの治療ができる医師のもとでレーシックを受けることが重要であると言えるでしょう。

レーシック手術するとドライアイは治るの?

レーシックとは視力を回復するための手術なので、目の性質はそのまま残ります。

つまり、もともとドライアイの症状がある場合は、手術後もドライアイの症状が残るということです。

レーシックの手術をした後は、しっかりとドライアイの治療をする必要があります。

もしドライアイそのまま放置すると、ドライアイの症状が悪化して、目の表面に傷ができやすくなります。

目の表面に傷ができた場合は、視力の低下にもつながることもあるので要注意です。

長く視力を保つためには、レーシック手術後もドライアイの治療を継続して行いましょう。

-ドライアイ

Copyright© レーシック後の視力低下を防ぐために , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.